山

誰でも起こりうる

弱い自分を受け止めること

弱いからうつ病になってしまうということではありません。人間だれしも弱い部分は持ち合わせていますし、それが当たり前なのです。ですから弱いからと言って自分はダメな人間だとは思わないでください。弱い自分も強い自分もありのままの自分を受け入れることが大切なのです。 うつ病患者の傾向としては我慢をしてしまう人に多いと言われています。自分を良く見せたい気持ちの強さや完璧な自分でいたいという願望が自分で自分の首を絞めてしまっているのです。 ですから弱い部分も見せられるように、自分をもっとさらけ出しましょう。人はそこまで自分のことを見ていませんから、自意識過剰になりすぎるのもよくありません。楽観的に過ごすのも時には必要でしょう。

治療に専念して再発を防ぐ

うつ病を発症してしまったらまずは治療に専念してください。しっかりと症状を緩和させなければうつ病はズルズル続き長年付き合わなければならないということにもなってしまいます。しっかりと治療を行うことがまずは大切になりますので、サポートしてくれる人が身近にいるのならば頼っても良いでしょう。中途半端に治療をしたまま通院するのが面倒になり放置してしまうという人も少なくありませんが、それは自分にとって良いものとは言えません。 再発をさせないためにも治療にまずは専念してください。基本的に診断書をもらうことが出来れば休職も可能ですから仕事も休んだ方が良いかもしれません。理解のある上司ならばうつ病のことを伝えておきましょう。

うつは急いで治す病気ではない

もし、うつ病に掛かったと診断されたら、どうでしょうか。きっとあせるのではないでしょうか。治療中も人の目や噂が気になったりして、うつ病を気付かれないうちに治してしまいたいと思うでしょう。しかし、うつ病は、薬を飲んだからといって風邪やインフルエンザのように早く治療が終わるような病気ではありません。長い間の生活習慣やストレスなどが原因で段々と病状が出てくる病気です。 ですから、うつ病になったということを自分で知ることは、なかなか難しいのです。なぜなら当事者にとっては、今の状態が普通であって病院で診察を受け、診断結果が出たときに初めて病名を知ります。もし、告知を受けたときには、あせらずに先生の言うことをよく聞いて、自分が病気であるという自覚を持ってゆっくりと治療に取り組みましょう。治療中に治ったと勝手に自分で判断せずに、何度も先生に相談することです。

うつ病になって通院を始めたら

"病気を知ってからの最初の通院は、分からないことが一杯で不安があることでしょう。しかし、先生方は、その道のプロであるわけです。どんなことでも、恥ずかしがらずに質問して分からないことは聞きましょう。 初めの診断は、症状を分析したり重度をみたりします。ですから、色んな簡単な診断テストなどがありますが、どの治療にも他の病気と同じように保健がきくので経済的にも安心して通院できます。症状の経過とともに段々と下がり始めます。話を聞いてもらい、気持ちを軽くするだけでよいような状態になってくると診断に掛かる費用は、僅か数百円の場合もあります。最初のうちは治療にどれだけの費用がかかり、いつ治るのかという心配に苛まれている人も、きっとうつ病をもっと身近な心の風邪のような病気と感じるでしょう。"