こころに優しい情報サイト

身体を休める

休養が最も大切です。

うつ病の患者さんは、普段みなさんが当たり前にしていることができなくなる病気です。例えば、十分な睡眠をとることができなくなること。食欲がわかなくなること。着替えや入浴などの日常生活をおくる気力がわかなくなります。脳の神経伝達物質のバランスが壊れているので、どんなにポジティブに考え、行動しようと思ってもうまくいくことは難しくなります。そのため、うつ病であることがわかったら、すぐに治療を開始することが大変重要になります。 治療の一つに大切なことは、体と気持ちを十分に休ませてあげることです。うつ病の方は今まで、頑張って自分を追い込んできた方に多く見られます。 自宅でゆっくりと休養をとりましょう。動くことができないときは無理に行動せずに、ゆっくりとできることだけ行うことが大切です。

うつ病は薬で治療をしてきます。

うつ病の治療は休養と薬物療法を行います。では、薬物療法とはどのようなものなのでしょうか。 主に抗うつ剤を内服します。抗うつ剤と合わせて睡眠薬などの処方されることがあります。 病院に行き、薬を処方されたら絶対に途中で内服を中止しないことが大変重要になります。うつ病は通常3ヶ月〜半年ほどかけて回復していきます。症状によっては1年以上かかる方もいます。症状が良くなったからといって内服を中断することで再燃し、同じ症状が繰り返してしまいます。 主治医の判断によって薬の量は決められているので、しっかりと守るようにしましょう。また、少しでも治療方針に疑問や不安がある方は、主治医や看護師に相談することで安心して治療をできるようにしていきましょう。

漢方やハーブによるうつ病の治療

現在日本においてもっとも多いうつ病の治療は、抗うつ薬による投薬治療と十分な休息となっています。 心理療法との併用が有効だと思われますが、心理療法士の数が圧倒的に不足していること、心理療法における臨床例が少ないことから投薬を選択する医師が多いという背景があります。 投薬については抗うつ薬の服用によって予後が悪化し、再発率が高くなるという検証結果があり、抗うつ薬に変わって漢方による治療を勧める病院も増えてきました。 また、欧米ではハーブによるうつ病治療が一般的となっています。 漢方やハーブに使われる原料としては体を温めたり、吐き気を抑えたりとうつ病の一つ一つの症状に合わせて、それらを改善する生薬を組み合わせて処方されます。 そのため量が多くなるのが特徴です。すぐに効果が現れるというよりは食事療法と一緒で少しづつ体質を改善していく治療で、根気よく続けることが大切です。

生活習慣の改善と食生活の見直し

うつ病になると摂食障害や睡眠障害が現れるため、自然と食生活が乱れ、睡眠不足に陥り、ますます自律神経の乱れなどからうつ症状が現れます。 まずは規則正しい生活を心掛け、食生活を改善することでうつの症状を改善することができます。 朝決められた時間に起きて、太陽の光をしっかり浴びる。外に出て軽いウォーキングを行う。体を冷やさないようにする。3食きちんと食事をとる。このことでも随分改善が期待できます。 自分で出来る心理療法としては、悲しい映画をみて思い切り泣いてみる。心の不安や気になることをノートに書きだしてみる。鏡を見て自分につらいことを話しかけてみる。などが心を落ち着ける効果があることが知られています。 外出先などで急な不安に襲われたときはトイレなどの個室で手鏡をのぞき込むだけでも落ち着くことができます。 焦らず少しずつ改善していきましょう。

■注目トピック

  • 誰でも起こりうる

    うつ病は特別な人だけが発症する病気ではなく、誰でも起こりうる可能性のある病気です。相談し、治療に専念することで完治への道が開けていくでしょう。サポートする人がいることが重要です。

  • 心を広く

    周りにうつ病の人がいる場合は接し方に気をつける必要があります。うつ病の人は、健常者よりも動作が遅いといったことがあります。そういったところを厳しく指摘してしまうと、相談もできずに心の壁が分厚くなるでしょう。

  • 治療法

    うつ病は相談をすることで、重石が軽くなることもありますが、きちんとした治療を受けることが大事です。福祉的な介入を受けると、費用の負担も軽くなるので、一度役所に相談をしてみるのもいいでしょう。

  • 治療を継続

    うつ病患者が完治をするまでの期間というのは、人によって異なります。多くの人が周りに相談もできずに悩みを抱え込んでいるので、自分で対策をとる必要もあるでしょう。一番辛いときもありますが、その後に楽になれます。

■NEWS